人

夜景を上手く撮るテクニック@

最近では夜景視界を行なうことができる観測所は、さらに様々な場所の数の中で増加しています。
私は、さらに写真に記念祭へのそのような夜景が欲しいと思います。
私はその時に小さな工夫を教えます。

観測所で、多くの人々が窓のそばに立っているので、他の人に面倒になる大きな三脚は禁止されるかもしれません。
その場合、私は、カメラブレを原寸の三脚を使用せずに縮小させる方法を教えます。
それは基本的に導入された内容と同じです。

「夜は戸外で撮影する」

私はこの方法に関して教えます。
窓越しによる特有の方法によるものです。

カメラは、ガラス側に対して軽く押されます。
窓ガラス側に対してカメラを軽く押し、それを作る間に移動しない、写真はセルフタイマーを使用して得られます。
写真に写るレンズのパイプの部分にあまり強い力を加えてはいけませんので、そこはご注意です。

また、ネックストラップを使う方法というのもございます。

他の単元によって今まで説明するために許可されるように、ネックストラップは、それがセルフタイマーを使用して、ピンで伸びた状態で撮影されます。
それがその上にカメラを持っていた手および肘を固定したスタンドを着れば、カメラブレはもっと縮小されるでしょう。

是非実行してみて下さいね!

clear