人

風景写真撮影テクニック@

あなたはデジタルカメラを持っていますか?

デジタルカメラの最も大きな特徴を挙げると、撮影した直後に、カメラの液晶モニターを備えた結果を見ることができるということです。
それが失敗する場合、それは再び撮るでしょう。

それがよく写真に写ることができれば、よりよい写真が目指されるでしょう。
写真は、この反復によって確かに熟練します。
モノ構造では、PDCAサイクルは、質を上げる基礎として繰り返されるかもしれません。
PDCAという言葉があります。
これは[Plan(どう撮るかを考える)〜Do(写真を撮る)〜Check(撮った写真を見る)〜Action(写真を選ぶ)]のための省略ですが、デジタルカメラのこのサイクルが短いということは特徴です。
写真はこのサイクルの繰り返しにより熟練します。

では実際に自然写真を撮る時の場合を考えていきましょう!

ここでは桜を撮る時のテクニックについてです。
まずは「撮りたい写真のイメージを固めていく」という事です。

桜の木の最盛期が1〜2週間および桜の木の花が栄えて、スタートから短期の中で分散するのと同じくらい短いまで、様々な表現が示されます。

花状況に加えて、表現は、さらに時間、天候(晴雨、光および風)などとともに変化します。
前もって撮影したいイメージを強固にした後に去りましょう。

では実際のテクニックは次回から見ていきましょう!

clear